グリーン経営

環境にやさしい活動をしています

環境にやさしい活動をしています

伊豆箱根バス株式会社では、地球温暖化や大気汚染などの環境問題の深刻化を重く受け止め、企業の社会的責任を果たすべく、環境保全活動に積極的に取組んでいます。
その中でも、国土交通省が積極的に推進する『グリーン経営』の実践活動の中心とすべく、平成19年2月、すべての営業所(三島・熱海・小田原の3営業所)が『グリーン経営認証』を取得いたしました。
これは、平成18年10月の伊豆箱根鉄道と伊豆箱根自動車のバス事業統合をきっかけに、すべての社員が地球にやさしい運転をこころがけ、環境問題に取組む姿勢を表明した『いずはこねエコドライブ宣言』実践の象徴でもあります。

『いずはこね エコドライブ宣言』

伊豆箱根バスのすべての社員は、社用車・自家用車・公用・私用を問わず、以下の7つを守って自動車を運転します。

1.こまめなアイドリングストップ
2.急発進、急加速、急ブレーキは禁止
3.早めのシフトアップ
4.経済速度で走る
5.タイヤの空気圧を適正に保つ
6.空ぶかしはしない
7.エアコンの設定温度は控えめに

伊豆箱根バスは、これからもさらに環境保全活動に取組み、安全・快適な輸送サービスを提供してまいります。