伊豆箱根鉄道の会社の歴史をご紹介します

伊豆箱根鉄道 会社の沿革

駿豆線の前史 豆相鉄道、駿豆電気鉄道(1893~1916年まで)

伊豆箱根鉄道 駿豆線の歴史は19世紀の1898年(明治31年)に三島町駅(現・三島田町駅)~南條駅(現・伊豆長岡駅)間に開通した豆相鉄道と、1906年(明治39年)に六反田駅(現在の三島広小路駅近く)~沼津駅前間に開通した駿豆電気鉄道の2つの鉄道線がその発祥となります。この2つの鉄道会社がやがて1つに合併となり富士水電株式会社の鉄道部となりました。その後、1916年(大正5年)に現在の当社の前身である駿豆鉄道株式会社が設立され、翌1917年(大正6年)、駿豆鉄道株式会社は富士水電株式会社の鉄道事業を継承しました。

1893年 明治26年 5月10日「豆相鉄道株式会社」が設立される/
1898年 明治31年 5月20日 三島町(現・三島田町)~南條(現・伊豆長岡)間の約9.4kmで鉄道の営業を開始。(三島町、大場、原木、南條の4駅で営業開始 静岡県最古の民営鉄道)〔豆相鉄道(株)〕/6月15日 三島町(現・三島田町)~三島(現・JR御殿場線下土狩)間約2.5kmの鉄道を営業開始)〔豆相鉄道(株)〕
1899年 明治32年 7月17日 南條(現・伊豆長岡)~大仁間約5.3kmが開通。三島~大仁間約17.1kmを約40分で運転〔豆相鉄道〕
1900年 明治33年 8月5日 北條(現・韮山)駅 営業開始〔豆相鉄道〕
1906年 明治39年 11月1日 駿豆電気(株)が駿豆電気鉄道(株)に社名変更/11月28日 六反田(現・三島市広小路)~沼津駅前間に電気鉄道を営業開始(静岡県初の民営電気鉄道)〔駿豆電気鉄道(株)〕
1907年 明治40年 7月18日 三島~大仁間を営業していた豆相鉄道(株)が解散、翌日7月19日に新会社の伊豆鉄道(株)が譲受/
1908年 明治41年 駿豆電気鉄道(株)が三島町(現・三島田町)~六反田間の電気鉄道の営業を開始、伊豆鉄道とつながる
1912年 明治45年 4月1日 駿豆電気鉄道(株)が伊豆鉄道(株)の三島~大仁間の鉄道事業を譲受
1916年 大正05年 10月7日 富士水電(株)が駿豆電気鉄道(株)を合併。三島~大仁間の蒸気鉄道、六反田~沼津駅前間の電車が富士水電(株)の鉄道部になる。/12月7日 駿豆鉄道株式会社を設立(現在の伊豆箱根鉄道株式会社 設立年月日)