先輩社員

先輩社員の紹介

2010年入社 雜賀まり子さん(伊豆箱根バス株式会社出向)

  • 入社後の経歴
2010年 4月 西武鉄道㈱出向
2010年9月 伊豆箱根企業出向㈱ 箱根関所 旅物語館
2011年9月 業務管理部人事課
2014年3月 観光事業部業務課 兼 伊豆箱根企業㈱出向 業務管理部管理課
2016年4月 エミーズ鴨宮
2016年12月~2017年5月 出産・育児休暇
2018年8月~2020年6月 出産・育児休暇
2020年7月~ 伊豆箱根バス㈱出向 小田原営業所
雜賀さんからのメッセージ  たくさんの仕事をみて、たくさん悩んでください。
 もう何になりたいか決まっている方も、まだ悩んでる方も、たくさんの企業をみてみると、今まで知らなかった仕事、職種がみえてきます。自分とは全然異なる会社を希望している方、違う学部の人と意見を交換してみるだけでも、「こんな仕事があるんだ!」と新しい発見があります。
 私の場合、理系の人とセミナーへ行ってみたり、たくさんの会社説明会へ行き、大学の就職課で話を聞きました。就職活動をする中で、希望業種も変わっていきました。たくさんの方と話し、お世話になった就職活動でした。
 仕事を通じて、たくさんのことを経験し、学べる会社です。いろいろなことに挑戦したい方、自分自身を成長させたい方にぴったりだと思います!
 また、伊豆・箱根、地元が好きな方にもおすすめです。
 後悔しないために、視野を広げて、情報を集めて、自分にあった会社を探してみてください。 
  • Q1
    伊豆箱根鉄道へ入社した動機を教えてください。
    A1

     まさに地域貢献です。
     もともと人と接することや新しいことを知ることが好きな私ですが、大学生活の中で、外国の方やいろんな方と接することで、地元の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいと考えるようになりました。 そこで日本有数の観光地である伊豆・箱根を主に事業を行っている点に魅力を感じました。入社前は、鉄道で希望したというよりも、観光事業に携わりたいと考えていました。
     また、人と接することが好きということ以外、どんな仕事をしたいのか具体的には決めていませんでした。鉄道事業はもちろん、伊豆箱根鉄道グループ全体でみると、たくさんの事業を展開している点も入社を決めた一つです。その中でいろいろなことを経験したいと思っていましたので、この総合職という職種に惹かれました。実際、入社前はまさか埼玉で働くことや、バス事業の勉強をするとは思ってもいませんでした。自分に対しても新しい発見があり、経験して成長していることが実感できています。

  • Q2
    仕事のやりがいは何ですか?
    A2

     現在の仕事は、バス運転手の方々のサポートをしています。電話や窓口でお客さま対応することはありますが、ほとんど直に接することはありません。私のお客さまは、第一線で働くバス運転手の皆さまです。バスを運転している方々が快適に仕事をできるように、困ったことや、改善したほうがいいことをキャッチしなくてはなりません。希望は多種多様で、なかなかすぐに答えることが出来ていません。バスの設備に関することから、地域のこと、勤務のこと、福利厚生や給与・規則に関することもあります。今までの経験を活かし、すぐに対応できたときは、「仕事をしてきて良かった」と感じます。
     まだまだ勉強することはたくさんありますが、地域の皆さまの生活が少しでも快適になっていることに繋がっていると思うとうれしいです。弊社グループの仕事は多種多様ですが、どの職場もお客さまと直接接しなくても、地域貢献に繋がっていると思います。

  • Q3
    会社の雰囲気はどうですか?
    A3

     いつもお腹をかかえて笑っています!話しもとてもしやすく、お互いの意見やアイディアも尊重しています。頼りになる方々に囲まれ、毎日安心して仕事しています。
     たくさんの職場を経験しましたが、急いでしなくてはいけない仕事、大事な業務があった時の団結力は、どこの職場でも感じました。「やるときはやる!」という点も、弊社グループの魅力のひとつかもしれません。
    また、現在私は2児の子育てをしながら時短勤務で働いていますが、職場の皆さんにはいつもサポートしていただいています。短い時間の中でも力になれるよう、また、急に休むことになっても迷惑がかからないようコミュニケーションをとるようにしています。
     皆さんそれぞれ悩みがあると思いますが、お互い体調を気にかけたり、心配してくれる職場です。現在は感染症拡大防止のため、食事を別にしたり、人数も会話も少なくなり、少し寂しくなっていますが、それでも賑やかな職場です。みんなで協力して仕事をしたい方におすすめです。

  • Q4
    今後の目標は何ですか?
    A4

     入社した時から変わらない目標は、たくさんの方に伊豆・箱根の魅力を知っていただくこと、働きやすい職場を作っていくことです。
     地元の方々もなかなか知らない魅力や新しい発見を発信し、来ていただくために現在私は今までの弊社のことや、伊豆・箱根、小田原の勉強をしています。
     弊社はまだまだ女性の割合は多くありません。女性に限らず、仕事を続けたいのに辞めてしまう方ができる限り減っていくことが目標です。いろいろな事情で、辞めてしまうことがあっても、後悔しないように、話を聞いたりしていきたいと思います。
     そして現在の目標としては、運行管理者の試験合格、またバスに関する知識を広げ、第一線で働く方々がより働きやすくなる職場作りのサポートです。バスに関する勉強ももちろんですが、職場の皆さんとのコミュニケーションに力を入れていきたいと考えています。
     まったく違う職場でも、過去の経験がとても活かされています。そのため、今学べることは吸収し、今後の仕事へ活かしていきたいと考えています。

2011年入社 川口祐太さん(鉄道部技術課電気区)

  • 入社後の経歴
2011年4月 西武鉄道㈱出向
2011年9月 鉄道部技術課電気区
2012年3月 西武鉄道㈱出向
2013年3月 鉄道部技術課電気区
2013年9月 鉄道部技術課
2020年12月~ 鉄道部技術課電気区
川口さんからのメッセージ 当社はいわゆる中小私鉄、地方私鉄に分類される鉄道会社です。小さい鉄道会社ゆえに、多くの仕事に携わることができ、皆さんが成長するチャンスがたくさんある会社です。
 また、鉄道事業は総合力です。工学系の学部・学科に限らず皆さんが大学生活で学んだり体験していることは、これからの業務のどこかで活かすことができると思います。ぜひ一緒に仕事をしましょう。
  • Q1
    伊豆箱根鉄道へ入社した動機を教えてください。
    A1

    幼いときから鉄道に興味があり、就職活動中も鉄道業界に就職したいと考えていました。
    また、地元・静岡県東部での就職を考えたときに、馴染みのある鉄道会社である当社への入社を決めました。

  • Q2
    仕事のやりがいは何ですか?
    A2

     毎日の「異常なし」の報告です。
     私の職場では、鉄道の電気設備の保守・管理をしています。年間計画に基づき設備を検査し、異常箇所を発見したときには、その都度設備の補修をします。些細なことが運行障害に繋がることがあるため、一つ一つの検査は大変重要です。また、老朽化や法律に対応するための設備更新を計画し、列車の安全運行を維持していきます。これらの日常業務を通して、鉄道会社で大事なことである定時運行を、毎日の安全・安定輸送とともにお客さまに提供することができます。「異常なし」の報告は、私たち技術系職員の業務の成果です。
     また、以前の職場では電気設備に関しての役所等、社外との手続き、工事や資材購入の発注業務・経理処理業務をしていました。設備1箇所の更新といえど、社内・社外問わず様々な手続きが発生するため、一筋縄では設備更新を進めることができません。手続きを1つ1つを進め新しい設備が稼働し、そのあとの経理処理業務が終わって私の一連の業務が終わります。なかには様々な課題にぶつかることもあります。1つまた1つと設備更新が終了したときに、やりがいを感じていました。変電所の更新工事は一番の思い出です。

  • Q3
    会社の雰囲気はどうですか?
    A3

     業務中は、一人一人が真剣です。鉄道は、一人で動かすことはできません。当社では鉄道の運行にあたり、私たち技術系の職員だけでも、電気設備だけではなく、線路設備、車両設備と3つの専門的な担当があります。また運輸系では、運転士・車掌、運転指令、駅係員、旅客指令と4つの担当に分かれています。鉄道の運行に属する係員が1つのチームとなって、基本動作を守り安全運行に努め、お客さまに気持ちよく当社鉄道線をご利用いただくために、一人一人が真剣なことは不可欠な要素です。
     もちろん、休憩中はアットホームな雰囲気です。鉄道は様々な設備を使って運行してますが、最後は人が動かしてます。業務中の真剣さの裏に、このアットホームな雰囲気があることで業務中の潤滑剤となります。よりチームとしての力を高めることができていると思います。

  • Q4
    今後の目標は何ですか?
    A4

     継続してお客さまに安全・安心を提供する設備運用を考えることです。私は、グループ会社の西武鉄道へ2度出向しました。いずれも短い期間ではありましたが、首都圏にある大手鉄道会社で当社とはスケールの違う組織を経験することができました。また、当社での業務では設備更新のための予算作成から執行、それに対する国の補助金制度の活用についての業務等々に携わらさせて頂きました。設備を維持することへ様々な視点がありることがわかりました。今後も継続してお客さまに安全・安心を提供するとともに、同時に当社で働く私たち鉄道係員も安全であるためにはどうしたら良いか、引き続き考え提案したいと思います。
     そのために、後輩達が設備や仕事を理解し成長するためのフォローをしていきたいと思います。しかし、私自身も知らないことが多々あり、先輩後輩に教わることはこれからもたくさんあり、日々勉強です。

2012年入社 堀江 真人さん(鉄道部運輸課)

  • 入社後の経歴
2012年4月 西武鉄道㈱出向
2012年9月 駿豆線駅管理所 駅務掛
2014年5月 大雄山線管理所運転区 運転士
2015年5月 駿豆線運転管理所 運転士
2017年4月 鉄道部運輸課
2018年3月 駿豆線運転管理所 主任運転士
2020年8月~ 鉄道部運輸課
堀江さんからのメッセージ  世の中にはたくさんの企業がある中、当社に興味を持っていただきありがとうございます。
 私は自らの興味・関心や地元愛などから当社に入社し、これまで業務に取り組んできました。
 必ずしも学生時代までに身につけた知識がそのまま役立つとは限りません。会社ごとにそれぞれ独自の文化がありルールがあります。入社してからそのあたりは教えてもらうことになりますが、少なからず「こんなはずではなかった」と思うときがあるかもしれません。
 しかし、その背景にはこれまで先輩方が失敗したり、成功したりした経験の中で培われた教訓の積み重ねがあります。鉄道会社はお客さまの命を預かり、地域の社会インフラとしての役割を担う企業です。時には自分の中での常識が覆されるようなことが多いのも事実ですが、自らも少しずつ経験を重ねるうちに「どうして」から「なるほど」へと変わることが多々あります。
 就職活動中のイメージでは、入社前と入社後のギャップを感じることがあるかもしれませんが、じっくりと腰を据えて業務に取り組んでみてほしいと思います。
  • Q1
    伊豆箱根鉄道へ入社した動機を教えてください。
    A1

     駿豆線沿線で生まれ育ち、幼いころから伊豆箱根鉄道の電車が身近な存在として感じていたこともありますが、高校時代に通学で駿豆線の電車を利用していたことも大きく影響していると思います。
     大学に進学してからは地理学を専攻し、公共交通や観光などについて学ぶ中、決して人口の多くない伊豆地域においても相当の輸送需要がある伊豆箱根鉄道の電車に改めて魅力を感じるようになりました。今後人口減少が予想される中ではありますが、地元の公共交通に携わり、いつまでも守り育てたいと考え入社を志望しました。
     総合職採用ですので、他部署等に配属される可能性もありましたが、幸いにも私の好きな鉄道部の配属となり、図らずも幼いころに夢見た運転士なれたことは私にとって良い経験となっております。

  • Q2
    仕事のやりがいは何ですか?
    A2

     比較的規模の小さい鉄道会社であるがゆえ、鉄道に関する様々な業務を経験させていただいていることです。
     入社後、駅係員、乗務員、本社における審査業務を経験し、現在は交通系ICカード関連の業務や、旅客営業に関する規程類の整備等の業務を行っています。
     私が今取り組んでいる大きな仕事の一つに、2021年3月13日のダイヤ改正で、特急踊り子号の車両が更新され、これに伴う特急料金の設定業務に携わっていることです。他社の事例等を参考に、当社で運用するためにはどのような取り扱いができるのかを検討し、営業制度の改正等を行っています。
     お客さまに日々電車をご利用いただいている中で、少しでも利便性の向上などを感じていただけるような仕事に取り組み、それが目に見える形となってきたときなどにやりがいを感じてます。

  • Q3
    会社の雰囲気はどうですか?
    A3

     先輩・上司との距離が近く、コミュニケーションが活発な会社だと思います。
    現場にも本社にも言えることですが、少人数の職場ゆえ困ったときに相談できる相手がすぐ近くにいるのは心強いことです。
     日々の業務ではまだまだ勉強不足で指導を頂く機会が多くありますが、いざというときには力になってくれる先輩・上司の存在を支えに業務に取り組んでいます。

  • Q4
    今後の目標は何ですか?
    A4

    「鉄道の事なら何でも任せられる」と思ってもらえる存在になることです。これまで乗務員をはじめとした現業職場、本社では審査業務や旅客営業に関する制度関係の業務を経験させていただきました。現場と本社では見方や意見が異なることも多いのですが、比較的若い年代のうちに、現場と本社の両方を経験させていただいたことを活かし、双方の橋渡し役となれるような存在を目指しています。
     また、旅客営業の制度などについてはお客さまからの問い合わせも多いのですが、難解な部分もあり係員ですら判断に迷うときがあります。こんなとき、まだまだ知識不足な点も多く質問を預かって調べないと回答できないようなことも多いのですが、多方面にわたる知識・技能を身につけ、お客さまからも係員からも頼ってもらえるような人間を目指して日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

2014年入社 福井 雄貴さん(鉄道部運輸課)

  • 入社後の経歴
2014年4月 西武鉄道㈱出向
2014年9月 伊豆箱根バス㈱出向 営業部
2015年3月 伊豆箱根バス㈱出向 小田原営業所
2015年12月 伊豆箱根バス㈱出向 営業部
2016年12月 観光事業部 おだわら諏訪の原公園
2018年10月 経理部会計課
2020年4月 総合企画部経理課
2021年4月~ 鉄道部運輸課
福井さんからのメッセージ 就職活動は自身の将来を決める事なので、迷ったり、不安に思ったりする事も多々あるかと思います。一方で、さまざまな企業を知ることできる貴重なチャンスでもありますので、1つの業界や会社に絞らず、視野を広げていろいろな会社を見てみるのが良いかと思います。今は希望していない業界でも、話を聞いてみると自身の経験や強みが活かせる所が見つかるかもしれません。その中で当社を選んでいただき、一緒に働けたら幸いです。
  • Q1
    伊豆箱根鉄道へ入社した動機を教えてください。
    A1

     観光業・旅行業に興味を持っており、入社を決めました。学生時代に旅行業の資格を取得していたため、旅行業界に絞り就職活動を行っておりました。当初は鉄道業界には興味がありませんでしたが、就職活動を進めていく内に、鉄道会社も観光業や旅行業に携わっている事に気づき、魅力を感じました。
     その中で当社は、生まれ育った地元の企業で、地域の活性化に貢献できる事や、さまざまな事業を経験する事により、視野を広げられ自分自身の成長につながると思い入社を決めました。

  • Q2
    仕事のやりがいは何ですか?
    A2

     経理の仕事は、自分自身の成長を感じられる事のほか、自身で作成した資料が株主総会や有価証券報告書の開示、取締役会等の重要な会議体でも使用されており、会社にとって重要性の高い業務に携われていることにやりがいを感じています。
     これらの資料は最終的に西武グループ全体の数値として集計され開示されます。期日に遅れてしまったり、間違えてしまったりすると、お客さまや投資家に誤った情報を出してしまう事になりかねません。プレッシャーのかかる仕事ですが、だからこそ、成し遂げた時には達成感があります。 

  • Q3
    会社の雰囲気はどうですか?
    A3

     フレンドリーな方が多く、コミュニケーションがとりやすい雰囲気だと思います。他の部署と連携して仕事を進めることも多いので、自然と横のつながりも広がっていきます。面倒見の良い方が多く、私も入社当初は分からない事が多かったですが上司や先輩社員に質問をすると丁寧に教えていただけました。

  • Q4
    今後の目標は何ですか?
    A4

     経理業務全般において知識を深めていきたいです。私は経理課に配属されてから会計担当として主に日々の売上や経費に係る仕訳の確認を行っておりますが、経理課にはもう一つ、資金調達や支払業務等を行う財務業務もあります。同じ部署ではありますが、仕事内容が全く違う為、まだ分からない事もたくさんあります。財務業務を知ることで、経理の入口から出口まで知ることができ、視野が広がると考えます。経理業務の全体を理解し、視野を広げていく為にも挑戦をしていきたいです。

2019年入社 秋山 空さん(観光事業部営業課)

  • 入社後の経歴
2019年4月 西武鉄道㈱出向
2019年10月 伊豆箱根企業㈱出向 伊豆・三津シーパラダイス
2021年4月~ 観光事業部営業課
秋山さんからのメッセージ  就職活動中は周囲の就活生と自分を比較して落ち込むこともありましたが、最終的には飾らない自分らしさを発揮できたことが一番の決め手だったと思います。
 今までにない大変な情勢で就活生の皆様は不安や焦りを感じることも多いかと思いますが、自分を客観視しリラックスして臨むことが重要だと思います。
 皆様の就職活動がより良いものとなるよう応援しています。そして、いつか皆様と一緒に仕事できる日を楽しみにしています。
  • Q1
    伊豆箱根鉄道へ入社した動機を教えてください。
    A1

     大学在学中に京都の観光地やイベントに度々足を運んでいたことや、中国文化を専攻していたことなどから、観光業を就職先の選択肢の一つとして考えていました。
     会社説明会を受け、鉄道と観光施設を有し、駿豆線・大雄山線それぞれの沿線に有名な観光地のある伊豆箱根鉄道であれば、人々の足として地元を支えることと、迎え入れる側として観光に携わることの両方に挑戦できると思い、入社を決めました。

  • Q2
    仕事のやりがいは何ですか?
    A2

     現在の業務はチケットの販売を通してお客さまと直接関わるため、お客さまの反応がよくわかります。水族館を楽しみにいらしてくださる方や、満足そうにお帰りになられる方を見るととても誇らしく、嬉しい気持ちになります。
     そのほかにも、大学時代に部活でデジタルイラストを作成していたことから、掲示物の制作やグッズのデザインに一部携わっています。こんなことがやってみたいという希望が通り、任せてもらえることにもやりがいを感じています。
     また、総合職として入社したため、今後様々な部門を経験することになると思います。伊豆箱根鉄道は鉄道を中心に様々な事業を担っているため、地元に多角的に貢献できる点が長い目で見たキャリアや会社全体を通したやりがいだと考えています。

  • Q3
    会社の雰囲気はどうですか?
    A3

     鉄道会社として安全安心な業務のため、厳しい時がありつつも、わからないことを質問しやすく、親身な先輩社員が多いと感じています。
     今はまだ新人のような立場ではありますが、先輩方の業務だけでなく精神面での頼りがいも吸収し、職場のより良い雰囲気づくりに役立てていきたいです。

  • Q4
    今後の目標は何ですか?
    A4

     今はまず、一人でも多くのお客さまに満足していただける接客ができるようになることが目標です。お客さまが水族館に滞在する時間のうち受付をする時間はごくわずかではありますが、施設の第一印象が決まる瞬間でもあり、お客さまの様子やその時々によって対応が異なるため、マニュアル接客というわけにもいきません。
     お客さまが求めていることを察し、臨機応変に対応できる観察眼や判断力を身に着け、今後どの部門に携わることになっても通用するよう成長したいと考えています。
     長期的には、会社のため、地域のために行動ができる人間になるため、常に広い視野を持って業務に取り組みたいです。